Monday, August 5, 2013

田牧米に聞いてみました。 Q&A about California Rice

Updated: June 3, 2016




Q: About its philosophy over GMO and Radiation contamination.
 遺伝子組み換えと放射能汚染についての考えは?


A: All of the rice for the Tamaki products are grown in Northern California valley.  As an industry, rice in California has been tested for GMO and none has been found.  As for the radiation, it was a few years ago that a trace amount was detected in the state of Washington.  California has not detected any levels and we have not felt it necessary to test the soil for radiation. 
 たまき米の製品は全て北カリフォルニアバレーで育てられています。業界として、カリフォルニア米は遺伝子組み換えの検査がされていて、汚染は見つかっていません。放射能については数年前にワシントン州で微量検出されました。カリフォルニアではどのようなレベルも検出されていませんし、放射能の検査をする必要を感じていません。



Q: Highest cesium levels of any topsoil measurements found by UCB since the crisis began was 2.737 becquerels/kg in Sacramento. This is equal to 73.9 picocuries/kg. (Conversion: 27 picocuries = 1 becquerel) 
Is it possible to test your soil and rice?
(・・・Actually It is a sample of Dried manure, and the result for the topsoil was Cs 134 0.147±0.015 and Cs 137 2.590±0.259
 福島事故後のUC Berkeleyの土壌測定の最高値はサクラメント(田牧米産地)の2.737 becquerels/kgでした。土壌と米の検査をしていただけますか?
(実際にこの値は、事故後風雨に曝した肥料を乾燥させたものの8月の測定値で、土表の測定値は、セシウム134 0.147±0.015、セシウム137 2.590±0.259でした。)







A: We are north of Sacramento.  According to the testimony of radiation epidemiologist and Professor in the Department of Medicine at Vanderbilt University and Scientific Director of the International Epidemiology Institute, John D. Boice, Jr., Sc.D.  His testimony to congress states,
 当社は北サクラメントに位置しています。放射能疫学者であり、ヴァンダービルト大学の医学部教授、国際疫学学会の科学会長であるジョン・D・ボイス氏は議会での証言で以下のように述べています。

 “The health consequences for United States citizens are negligible to nonexistent.”  You will receive more radiation from x-rays than you will from the Fukushima fall out.  I have attached the link for you to review.
「アメリカ市民にとっての健康的被害は取るに足らないか存在すらしないものです。」レントゲンからのほうが福島からの放射性降下物より被曝しています。以下の文書を参照してください。


With this being said, the California Rice Industry does not see the need to test for radiation.  This is very costly and unnecessary considering Japan grows and eats more rice in their own country with no consequences to their health.
このように言われていますので、カリフォルニア米業界は放射能検査の必要性を考えていません。検査は非常に費用がかかり、日本が米を育て、自国での米をより多く食べているのに健康障害が出ていないことを考えると、その必要性はありません



Comment from Marco Kaltofen about his highest reading
マルコ・カルトフェンからの最高測定値に関するコメント

My group measured soil, air filter and dust samples from Washington, Oregon, California, and British Columbia. This particular soil sample, with 8 pCi/g of radiocesium, was our highest North American result. It came from a site on the outskirts of Portland, OR. The next highest result came from a site near Boulder, CO. Except for followup samples near these two sites, no other US or Canadian samples came close to the levels of radiocesium in these "hot spots." Given the nature of radioactive fallout, this is an expected result. Both hot spots are likely due to rainouts that took place during March or April 2011. A recent study by the USGS, "Fission Products in National Atmospheric Deposition Program—Wet Deposition Samples Prior to and Following the Fukushima Dai-Ichi Nuclear Power Plant Incident, March 8–April 5, 2011", found remarkably similar results.
わたしたちはワシントン、オレゴン、カリフォルニアとBC州土壌、エアーフィルター、ホコリを測定しました。8 pCi/g(296 bq/kgのサンプルは私たちが測った北アメリカの検査結果で一番高いものでした。そのサンプルはオレゴン州ポートランドの中心から離れたところのものです。次に高かったのは、コロラド州ボルダーからのものです。これら2つの地域以外のはアメリカ、カナダのサンプルで放射性セシウムの「ホットスポット」のレベルに近いものはありませんでした。放射性降下物の性質を考えると、それは予測できる結果です。2つのホットスポットはおそらく20113月から4月にかけての降雨によるものだと考えられます。最近のUSGSの研究によれば、福島事故以前、以後(201138日から45日)の湿性沈着のサンプルの測定結果はかなり類似していることが分かりました。

The 8 pCi/g soil sample from Oregon was split and sent to a certified commercial radiation testing laboratory. (PACE Analytical, formerly General Electric Walter Miltz lab.) Their result came back as total 134Cs + 137Cs = 11.0 pCi/g. The commercial lab's 137Cs result was higher than ours, and thus gave a higher overall figure.
I should have added, that none of the followup samples exceeded 0.5 pCi/g of Cs134 + Cs137. I apologize for the oversight.
8pCi/gのオレゴン州の土壌サンプルは分割して民間の認定された放射能検査機関に送りました。そこからの結果はセシウム134と137の合計が11.0 pCi/g(407bq/kg)でした。民間の機関のセシウム137は私たちのものより高くなる傾向がありますので、全体の数字として高くなったのでしょう。私たちの検査でセシウム134と137の合計が0.5 pCi/g(18.5bq/kg)を超えたものはありませんでした。見落としがあり、申し訳ありませんでした。


-----------------------------------------------------------------------------------

We truly appreciate everyone's efforts to respond to the public concern, no matter what. We appreciate our blog visitors for your respect for different values, opinions, and perspectives. We do NOT support any negative reactions, blaming, or personal attacks. This interferes with our transparency. Thank you very much for your understanding.



3 comments:

  1. - 日本が米を育て、自国での米をより多く食べているのに健康障害が出ていないことを考えると、その必要性はありません。

    健康障害が出ていないという事は言い切れないと思います。
    放射能汚染によるもの、よらないもの、
    どちらでも証明するには、検査のデータが必要です。

    ReplyDelete
  2. おっしゃるとおりです。
    北米の今まで問い合わせた全ての日本食品関係取り扱い会社に問い合わせると、同じような答えしか戻ってきません。行政も然りです。利益を追求する企業である以上、責めることはできないのかもしれません。ただ、たまき米については、社会的責任やビジネス倫理が他と違うという思いがなぜかあったので、正直かなり落胆しました。

    ニシモト貿易LAの本社の責任者は、たとえ300ベクレルであろうが、政府のOKの分(1kgあたり1200bq)であれば市場に出すと言っているそうです。ここまではっきり言われれば、判断しやすく良いのかもしれませんが。。苦笑

    検査をすると売れなくなる、検査に費用がかかる、という理由で、検査が十分に行き届くようになるのはかなり難しいようです。もう少し消費者の声が高まると良いのですが、まだまだカナダでは意識が薄すぎます。

    ReplyDelete
  3. You did not ask my permission to post my name and contact info. Please remove it asap! This is a major security issue for myself!

    ReplyDelete