Wednesday, August 20, 2014

飲料水フィルター比較 Water Filter Comparison

Water filters tested for heavy metals removal
飲料水フィルターの重金属除去テスト


Wednesday, August 20, 2014

by Mike Adams, the Health Ranger

(NaturalNews) As promised, we've now published the results from testing countertop water filters for their ability to remove toxic heavy metals and elements with radioactive isotopes. The brands we tested are:
お約束したとおり、ここに有毒な重金属や放射性物質を除去する水道水フィルターの効力をテストした結果を発表します。フィルターブランドは以下の通り。


water
* Zero Water

* Pur

* Brita

* Seychelle

* Culligan

* Mavea

* Waterman Portable Alkaline Water Purifier







Using ICP-MS instrumentation (see lab videos here), we tested these water filters for their ability to remove toxic heavy metals and elements which have radioactive isotopes.
ICP-MS計測でこれらのウォーターフィルターの重金属、放射性物質の除去能力をテストしました。




Specifically, we tested for removal of:
具体的には、以下の物質の除去テストです。

* Aluminum  アルミニウム
* Copper    銅
* Arsenic     ヒ素
* Strontium   ストロンチウム
* Cadmium  カドミウム
* Cesium   セシウム
* Mercury   水銀
* Lead     鉛
* Uranium   ウラン

  
Why didn't we test for fluoride removal? 
なぜフッ素の除去率をテストしなかったのか?

Fluoride is an extremely difficult element to work with due to its high reactivity (which is one reason why you probably shouldn't drink it). It is also very difficult to remove from water. Testing fluoride concentrations via ICP-MS requires a complicated process run separately from other elements, using different matrix solutions and different plumbing for the instrument.
フッ素は反応度が高いため取り扱いがきわめて難しい成分です。(これがおそらく、飲まないほうがよい理由の一つでしょう。)そして、水から除去するのがとても難しいものでもあります。ICP-MSによるフッ素の濃度のテストは、その検査過程が複雑で、他の成分とは別に分離して測らなければなりません。異なったマトリックス判定や、器具の配管を使用するのです。


How we tested for heavy metals removal 
どのように重金属除去率をテストしたのか

To conduct the tests, we created a multi-element "spike" solution containing from 1300 ppb to 2300 ppb concentrations of each of the tested elements. This spike solution consisted almost entirely of laboratory-grade water (DI water), with a very small fraction (less than 0.1%) of laboratory acids found in element standards for the purpose of matrix stabilization.
検査をするために、それぞれの検査成分に複数の成分を含む1300ppbから2300ppbまでの"スパイク”液を作りました。スパイク液は研究所級の蒸留水でできており、0.1%以下の微量の酸がマトリックスを安定させる目的で成分標準に見られます。


For each water filter, we first ran several cycles of pure water through the filter in order to "flush" it and pre-load the filter cartridge with purified laboratory water. Once that was complete, we loaded each water filter pitcher with the spiked solution containing the multiple elements listed above.
それぞれのフィルターは、まず「洗い流し」、浄化した研究所の水でフィルターのカートリッジを前処置するために何回か純水を通します。それが終わったら、上記のリストにある複数の成分を含んだスパイク液の入ったピッチャーに水を入れます。


After the water passed through the filter and was emptied into the holding section at the bottom of the pitcher, that filtered water was then sampled with a clean pipette, weighed on a calibrated laboratory scale and prepped for ICP-MS analysis.
その水がフィルターを通りピッチャーの底へ流し終えたら、そのフィルターにかけられた水はきれいな測定器に収集され、較正された研究所の秤にかけられ、ICP-MS分析のために準備されます。


Each sample was run via ICP-MS using a variety of quality control methods, including the use of calibration checks during the run and a four-point calibration curve for each element. Keep in mind that our ICP-MS instrumentation is far more accurate and sensitive than labs running ICP-OES. In fact, we have had to correct other labs using ICP-OES who discovered their calibrations were way off. The Natural News Forensic Food Lab is in the process of ISO 17025 certification.
それぞれのサンプルは、計測中の較正確認、4点較正カーブを含むそれぞれの成分の品質管理方法を使用しICP-MSにかけられます。ICP-MS測定は、ICP-OESよりもはるかに正確で精密なものであることを覚えておいてください。実際に、他の研究所でICP-OESを使用し、その較正が全く的外れであったことが分かり、間違え正さなければならなかったことがあります。ナチュラルニュースのラボは、ISO17025の認定を得る手続きをとっています。



Click here to learn about Heavy Metals Defense, a supplement invented by the Health Ranger for capturing toxic heavy metals during digestion.
有害な重金属を吸収してしまったときにそれらを捕らえるためにヘルス・レンジャーによって発明されたサプルメントについては、こちら


What we did NOT test for
テストしなかったものは?

We did not test for removal of PCBs, pesticides, chlorine or other organic compounds. Accordingly, we cannot reach any conclusions on how well these filters might work on removing those substances.
PCB(ポリ塩化ビフェニール、農薬、塩素、他の有機化合物の除去率はテストしていません。これらの物質を除去するのに、それぞれのフィルターがどのくらい効果があるのかということについてはまだいかなる結論にも達していません。

Testing for those complex molecules would require additional instrumentation which we do not yet have in our lab. (Remember, the Natural News Forensic Food Lab is entirely self-funded and receives no grant money from the government.)
これらの複雑な分子をテストするには、他の測定が必要で、それは私たちのラボではできないのです。(ナチュラルニュースのラボは完全に自己資金で成り立っており、政府からの補助は全く
ありません。)




Performance Overview
効果の大要

What shocked me the most about the results of this testing is just how poorly most water filters performed on the removal of toxic heavy metals.
このテストの結果について最も衝撃的だったのは、有害な重金属の除去についてほとんどのウォーターフィルターの結果がなんとも酷かったことです。


Most of the water filters we tested were entirely unsatisfactory in terms of heavy metals removal, in my informed view. Only two filters showed results which I would consider to be sufficient. Most filters also appeared to perform very poorly for removal of elements with radioactive isotopes (uranium, cesium, strontium).
重金属について言えば、今回テストしたほとんどのフィルターが、わたしとしては全く満足のいくものではありませんでした。十分だと考えられる結果が見られたのは、たったの2つのフィルターだけです。ほとんどのフィルターはまた、ウランやセシウム、ストロンチウムのような放射性物質の除去に効果がありませんでした。


Here's an overview of what we found, element by element:
以下、テスト結果から分かった成分別の大要です。



  Click here to see the full results at the Natural News Forensic Food Lab.



Aluminium  Removal
アルミニウムの除去

Four of the seven filters tested here actually increased aluminum concentrations in the filtered water.
7つのフィルターのうち4つのフィルターは、フィルターを通した水のアルミニウムの濃度が増えていました。


This indicates they are using a filtration media which contains aluminum and allows some amount of aluminum to enter the water stream during filtration.
これは、フィルターの媒体にアルミニウムが含まれており、水を通すことで水中にアルミニウムが流れ込んでしまっているということを示唆しています。


Only one filter removed 100% of all aluminum (Zero Water). 
たった1つのフィルター(Zero Water)しかアルミニウムを100%除去できませんでした。



Copper Removal
銅の除去

Copper removal ranged from a low of 8.6% to a higher of 99.1%.
銅は下は8.6%から上は99.1%の除去率でした。


The average copper removal rate was 44.8%.
平均除去率は、44.8%です。


Copper is associated with mental insanity if consumed in very high quantities. Many homes still contain copper pipes, causing copper contamination of tap water.
銅は大量摂取すると、精神異常に繋がるとされています。多くの家で今でも銅のパイプが使われ、水道水の銅汚染の原因となっています。



Arsenic Removal

ヒ素の除去

Arsenic removal ranged from 12.1% to 99.3%, with an average removal of 42.6%.
ヒ素の除去率は12.1%から99.3%で、平均は42.6%。


Arsenic is a cancer-causing metal that's linked to cancer and organ damage. It's a common contaminant in well water.
ヒ素は発癌性のある重金属で、癌や内臓の損傷と関連付けられています。井戸水の一般的な汚染物です。




Cadmium Removal
カドミウムの除去

Cadmium is a toxic heavy metal which can cause kidney damage, heart damage and hardening of the arteries.
カドミウムは肝臓、心臓の損傷や動脈硬化の原因となる有毒な重金属です。


Cadmium removal ranged from 6.6% (Brita) to a high of 99.2% (Zero Water). The average removal was 33.1%.
カドミウムの除去率は6.6%(Brita)から最高で99.2%(Zero Water)でした。平均は33.1%。


Mercury is an extremely toxic heavy metal that can cause brain damage, kidney damage and reproductive damage.
水銀は脳、肝臓の損傷、生殖損傷の原因となる極めて有毒な重金属です。


Because mercury is a "sticky" element, it's the easiest to remove of all. Removal rates ranged from 62.4% (Culligan) to a high of 99.7% (Waterman Mini).
水銀は、「べたべたした」要素なので、何よりも取り除きやすいものです。除去率は62.4%(Culligan)から最高で99・7%(Waterman Mini)でした。


Average mercury removal across all the filters was 88.5%.
水銀の平均除去率は全てのフィルターを通して88.5%。



Lead Removal
鉛の除去

Lead is a toxic heavy metal that causes brain damage and organ damage in the human body. Natural News has found significant quantities of lead in Organic Rice Protein superfoods imported from China.
鉛は脳、人間の内臓損傷の原因となる有害な重金属です。ナチュラルニュースは、中国から輸入されたオーガニックのお米のたんぱく質スーパーフードにかなりの量の鉛を発見しました。

Lead removal ranged from a low of 14.1% (Brita) to a high of 93.7% (Waterman Mini).
鉛の除去率は低いところで14,1%(Brita)から、高くて93.7%(Waterman Mini)でした。

Average lead removal was 52.5%.
鉛の除去率平均は52.5%。




Strontium Removal
ストロンチウム除去

In its non-radioactive form, strontium is a bone-building nutrient that's often found with calcium.
放射性でないストロンチウムは、カルシウムにしばしば見られる骨を作る栄養素です。


Some water filters removed almost no strontium (Brita and Mavea), while the Zero Water Filter removed 100% of strontium.
いくつかのフィルター(BritaとMavea)は、ストロンチウムをほとんど除去できませんでした。一方で、Zero Waterのフィルターはストロンチウムを100%除去’しました。


One filter, the Waterman mini, increased strontium concentrations in the resulting water, indicating use of strontium in the filter media. This is not a bad thing. Strontium is actually a nutritive mineral(Q1), much like calcium.
1つのフィルター、Waterman miniは、検査した水のストロンチウムの濃度を上げてしまいました。フィルタの媒体にストロンチウムが使用されていることを示唆しています。これは悪いことではありません。ストロンチウムは実際は栄養価のあるミネラルで(Q1)、カルシウムに良く似ているのです。




Cesium Removal
セシウム除去

Cesium removal is important to consider due to the Fukushima disaster and the radioactive fallout of Cesium-137.
セシウムの除去率は、福島事故とセシウム137の放射性降下物のため、考慮することが重要です。


I am intimately familiar with cesium binding and removal technologies, as I invented the patent-pending Cesium Eliminator dietary supplement that binds with and captures radioactive isotopes of cesium.
私は、セシウムを結合させ除去する技術についてかなり詳しいです。なぜなら、特許申請中の放射性セシウムを捕らえて結合させるセシウム除去サプルメントの発明者だからです。


In our testing of water filters, cesium removal varied from a low of 9.5% (Brita) to a high of 100% (Zero Water).
今回のフィルターのテストで、セシウム除去率は9.5%(Brita)から100%(Zero Water)でした。


Average cesium removal was 35.3%.
セシウム除去の平均率は35.5%。




Uranium Removal
ウラン除去

Removal of uranium is crucial for those planning on surviving a nuclear accident or nuclear war. Following nuclear events, uranium and cesium both fall out of the sky in radioactive forms, settling on bodies of water which are used for irrigation and public water supplies.
ウランの除去は、原子力事故や核戦争を生き残るためにきわめて重要です。原子力事故の後には、ウランとセシウムが放射性物質となって空から降ってきます。農業用水や公共の水道水に入り込んでしまいます。


Removing radioactive uranium isotopes from drinking water is a crucial survival strategy following a nuclear incident. Only two filters we tested showed an ability to remove substantial amounts of uranium: Zero Water and the Waterman Portable Alkaline Water Purifier.
放射性ウラン核種を飲料水から取り除くことは、原子力事故後に生き残るために大変重要なのです。私たちがテストした中で、2つのフィルターだけが十分な量のウランを除去することができることを示していました。それは、Zero WaterとWatermanのポータブルアルカリ水浄水器です。




Magnesium mineralization
マグネシウム鉱化作用

Two water filters we tested substantially increased the level of magnesium in the filtered water. The highest water mineralization rate was achieved by the Waterman mini filter, which is advertised as creating "alkaline water."
私たちがテストしたフィルターにかけた水のマグネシウムの値を大幅にあげたものが2つありました。最も鉱化作用が高かったのは、Watermanの見にフィルターで、「アルカリ水」を作ることができると宣伝されています。


The claim is true. While the magnesium concentration of the water we poured into the water filters was only 1.3 ppm, the Waterman Mini increased the magnesium concentration of the resulting water to nearly 250 ppm.
その主張は本当でした。フィルターに注ぎ込んだ水のマグネシウムの濃縮度はたったの1.3ppmでしたが、Watermanミニはフィルターを通した水でほぼ250ppmにまで濃縮が高まっていたのです。


This is a substantial increase in magnesium concentration. The Seychelle filter also increased magnesium concentrations to nearly 250 ppm, indicating it has a "mineralization" component in its filter cartridge.
これはマグネシウム濃度のかなりの増加です。Seychelleのフィルターもマグネシウムの濃縮をほぼ250ppmまで上昇させました。これは、フィルターカートリッジの中に「鉱化作用」のある成分が含まれていることを示唆しています。





Recommendation and Conclusion
提言と結論

Based on the laboratory analysis completed here at Natural News, I can only recommend two water filters in the category of countertop "pitcher" filters.
ラボの分析に基づき、ピッチャーフィルターの中では2つのものだけをお勧めできると言えるでしょう。


The two filters I recommend are:
その2つのフィルターは、以下の通りです。



1) Zero Water


                                                       


















2) Waterman Mini





To read more about patent-pending dietary supplement formula... please click here.




1 comment:

  1. Good sharing, now you can have as much of this extraordinary Alkaline hydrogen water as you want, whenever you want it. All you need is the Hexagon Water Filtration System 2. With this water filter system, it’s like having a “miracle water” spring in your own home, pouring straight from your tap! Read more at:
    http://kidbuxblog.com/hexagon-water-filtration-system-2/

    ReplyDelete